検索
  • kandaekimaeclinic

今のクリニック開業時に必要なこと

 はじめまして。このブログを見て頂きありがとうございす。

クリニックの開業で俗称、落下傘開業時の場合で開業に必要なことがネット登場により変わったので、これから開業を考えている人に伝えたくこの文章を作成しています。また、有益な情報を発信することが当クリニックホームページの検索順位をあげるとのことですのでその効果も期待して有益と思う情報を記載します。

 それでは何が変わったかを記述します。以前はクリニック開業の成功条件として ①立地、②コメディカル、③医師の質と言われていましたがネット登場、Google登場によってそれは変わったと思います。少なくとも私はそう感じております。つまり、①Googleでの検索上位、②Googleでの検索上位、③Googleでの検索上位です。

 少しオーバーに記載しましたが、おおまか間違いはありません。なぜなら落下傘開業の場合は患者さんを基幹病院から紹介を受けることはまず無いので、新規患者さんを獲得するしかありません。以前は立地が良ければ新規患者さんの受診が期待できました。しかし今、患者さんは場所が良くてもまずGoogleで確認します。その際、検索上位に出てこなければ似たような検索上位に出てくる近くのクリニックを受診する可能性があります。②コメディカルの対応、接遇ですが、以前であれば初対面時のあいさつや地域での評判が新規患者さん獲得には重要でしたが、今は新規患者さんはまずGoogleでのクリニック評判を確認します。これは③医師の質も同様ですが、地域での評判ももちろん重要だとは思いますが、地域コミュニティが希薄な都市部ではやはりGoogleでの評判が重要になります。

 まとめるとGoogleの検索上位に出てこなければ、そのクリニックは存在していないと同様な可能性があります。これは日本の医療の在り方として歪んだ状態です。なぜなら、優秀な臨床医とGoogle検索上位に出てくる医師は必ずしも比例関係にないからです。私は優秀な臨床医とは優秀な上級医に囲まれて、たくさんの臨床経験を積んできた医師だと思いますが、Google検索上位に出てくる医師はGoogleに認められたサイトの医師です。もう少し踏み込んだ発言をするとそのサイトがSEO対策を行っているかどうかが肝要です。

 「えっ?」Google検索上位に出てくる医師は必ずしも優秀な医師ではなくてSEO対策を行ったサイトの医師なんですか。「Yes!」

 普通の医師はSEO対策なんて初耳です。そこを狙って開業時にはネット関連の営業の電話やアポイントが多数来ます。まさに玉石混交ですが、共通していることは費用・お金がかかるということです。潤沢に資金があれば多数のSEO対策がうてます。・・・臨床経験とは全く別物。

 SEO対策の一環で驚いた、勉強になったことは、まとめサイトに載ることにも費用・お金がかかるということです。「えっ?」サイトを読む人のためになるから優秀な医師が載っているのでしょ。「NO!」お金を払っているからまとめサイトに載っているのです。・・・臨床経験とは全く別物。大手クリニックサイトになるとクリニック名は検索上位にはくるけど医師は紹介していないとか、代表者しか掲載されていないパターンが多々あります。ネットに載っている医師が診察しない場合も多くあります。これは医療の広告として正しいのかどうか疑問を感じます。

 なぜこのようなことが起こるのでしょうか。それは検索上位にくるクリニックは多額の広告費をかけ、Google検索上位に位置しているからです。クリニックはその中の医師を紹介したいのではなく、クリニックを紹介したいのです。もし医師を紹介すればその医師の価値が高まるため、わざわざそこで働く医師の価値が高まるようなことはしません。チェーン店みたいな医療が進んでいます。これでいいのかな。もちろん、検索上位にくるクリニックで医師を紹介しているクリニックもあります。そのようなところは、とてもまともに医療に関わっていることが想定され評判のいいクリニックだと思います。

 以上まだまだ、ネット時代の開業時の情報をお伝えしたですが長文になったので一旦区切ります。当クリニックも、もちろんSEO対策を行っていますのでご注意ください。また、このブログ自体もSEO対策を兼ねており、真偽の判断は皆様が行って頂ければ幸いです。

 

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私個人で時代の流れに逆らうことはできません。また武士は食わねど高楊枝は私の性には会いません。昭和生まれですが、一生懸命、時代にがんばってついていこうと思う今日この頃です。 さて先日SEO対策に対して記述しましたが、大きな視点でみると医療費の一部がGoogleに流れていることを意味しています。また別の視点でみると、今までの日本の医療価値観がGoogleによって破壊・再構築されていることを意味していま

前回電話回線(今は光回線とほとんど同じ意味)の注意点を記述しました。今回はFAX、コピー機、ネット端末、ネット端子の注意点を記述します。 まず、FAXとコピー機は複合機でプリントはレザータイプをお勧めします。複合機かどうか、レザータイプかどうかで悩むのは時間がもったいないと思いますのでご参考下さい。FAXは医療機関との連絡、検査結果の報告などで必要になります。インクジェットではスピードの対応、イン

開業時の電話回線について注意点を記述します。まずは診療所を設計する時点で確認が必要です。wifiなどに慣れると電話回線とか光回線て無線なのではと思ってしまう方もおられるかと思いますが有線です。電話回線はレセプトのことを考えるとNTTの光回線がいいと思います。プロバイダはレセプトと相性の良いプロバイダを選んで下さい。私はniftyにしました。他安価な回線業者さんやプロバイダ業者さんがいるかと思います