・体重減少

 はじめに意図しない体重減少があるのか、ダイエットして減量しているのかをはっきりと確認します。体重減少はいつから、何キロ減少しているかを具体的に確認します。はっきりとしない場合は1か月後の体重を確認します。食欲の有無、熱の有無を確認します。半年間でもとの体重の5%以上の減少を臨床的に重要な体重減少と考えます。

 その上で下記の疾患を鑑別いたします。

・悪性腫瘍​

・うつ病

・アルコール依存症

​・甲状腺機能亢進症

・糖尿病

・消化管潰瘍

・薬剤性

・認知症、脳梗塞後

・進行した心不全、COPD、腎不全

・吸収不良症候群(クローン病、慢性膵炎)

・副腎不全

・高Ca血症

​・結核

・膿瘍(肝・腎・肛門周囲)

・感染性心内膜炎

・HIV

・悪性リンパ腫

・リウマチ性多発筋痛症

・神経性食思不振症

 例えばアルコール依存症の確認にはCAGAスコアを用いたスクリーニングを行います。Cut down:自分の飲酒量を減らさなければならないと感じたことはあるか。Annoyed by criticism:周囲の人に今まで自分の飲酒量を批判され困ったことがありますか。Guilty feeling:自分の飲酒について良くないと思ったり、罪悪感を感じたことがありますか。Eye opener:朝酒をしたことがありますか。2項目以上当てはまればアルコール依存症の可能性が高くなります。