医師の
紹介

院長

アバター96
医師紹介
Doctors

​資格

 初めまして、院長の遠藤広史です。

​縁がありこの神田でクリニックを開業いたしました。皆様の健康に少しでもお役に立てたら嬉しいです。よろしくお願いします。​

​ 新型コロナウイルス感染症はまだまだ日本社会に影響を与えています。ECMO治療などで培った経験を用いて神田地域での新型コロナウイルス感染症の診療にあたります。

 医師が治療を行う場合には必ず治療に伴う副作用(デメリット)があります。治療効果(メリット)だけがある方法はありません。

 その点を常に念頭に置き、今までの診療経験を生かして、患者様の利益が最大限になるように日々診療に努めて参ります。

DSC画像1.jpg

救急科専門医とは

 一言で表すと病気の重い軽いに関わらず急病のスペシャリストです。ドラマなどでもよく放送されていますが、救命病棟24時やコードブルー、ER緊急救命室などが救急科を取り上げたドラマです。日本では救急対応を1次、2次、3次と分けています。歩いてこれる患者さんを診察する1次救急、救急車で搬送される患者さんを診察する2次救急、救急車で運ばれ生死にかかわる状態の患者さんを診察する3次救急です。救急科専門医は3次救急の対応や1次・2次救急の責任者を担っています。

集中治療専門医とは

 一言で表すと病院で重症な患者さんを人工呼吸器、人工心肺、ECMO(人工肺)、透析(人工腎臓)などを用いて集学的に治療するスペシャリストです。全ての臓器についての知識、治療経験が深いです。病院の集中治療室で働いています。麻酔科の先生や救急科の先生がサブスペシャリティとして持つ場合が多いです。

プライマリケア連合学会指導医とは

 一言で表すと身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療を行うスペシャリストです。緊急性が低い病気に関して、内科・外科の区別をせず診療することを目標としています。

​院長が思うことを徒然に記述いたします。

月刊誌アンカー 2022年1月号で当クリニック取材いただきました。

IMG_3289_edited.jpg

俳優の志垣太郎さんと記念撮影させて頂きました。有名人であられるのにとてもジェントルで優しい方でした。