・寝汗、ほてり

 病的な寝汗とは睡眠中に服を着替えるほどの汗をかくことで、暑くもないのにじっとりとした汗をかく状態のことを示します。日中からの発汗過多や、暑さを感じての発汗とは区別されます。ほてりはのぼせとも表現され、上半身にみられ、発汗を伴うことが多く、数分で改善する一過性の症状です。下記を想定して診察を行います。

・感染症(急性)

・感染症(慢性)特に結核

・更年期(男・女)

・GERD(胃食道逆流症)

・薬剤性

・糖尿病

・低血糖

・甲状腺機能亢進症

・甲状腺機能低下症

・副腎不全

・副甲状腺機能亢進症

・睡眠時無呼吸症候群

・離脱症状

・精神疾患(不安症、うつ病)

・悪性腫瘍(特に悪性リンパ腫、腎細胞癌)

・HIV

・感染性心内膜炎

・深部膿瘍

・膠原病

・ダンピング症候群

・脊髄疾患

・自立神経疾患

・褐色細胞腫

・カルチノイド

​身体所見、体重減少などに注意して診察します。