・頭痛

 繰り返している頭痛かどうか、頭痛の程度や神経症状などを確認して診断を進めます。下記疾患を鑑別いたします。

・緊張性頭痛

・片頭痛

・群発頭痛

・副鼻腔性頭痛

・神経痛(三叉・舌咽・後頭神経)

・急性感染症に伴う頭痛(感冒、肺炎、尿路感染症など)

・うつ病

・薬剤性、離脱による頭痛

・頭頚部疾患による頭痛(歯痛、顎関節症、頚椎症)

・くも膜下出血

・脳出血

・髄膜炎・脳炎

・椎骨動脈解離、内頚動脈解離

・頭蓋内占拠性病変(膿瘍、血腫、腫瘍)

・緑内障発作

・高血圧性脳症(後方可逆性脳症症候群:PRES:posterior reversible encephalopathy syndrome)

・静脈洞血栓症

・側頭動脈炎

・脳脊髄液漏出症(低髄液圧症候群)

・内頚動脈海綿動脈洞瘻

・特発性頭蓋内圧亢進

​ くも膜下出血などを疑う頭痛の症状としては、1.突然発症、2.経験したことのない痛みを伴う頭痛、3.いつもと様子の異なる頭痛、4.頻度と程度が増してくる頭痛、5.50歳以降の初発の頭痛、6.神経脱落症状や視力障害を有する頭痛、7.目をつぶって物静かに耐えている頭痛などです。ごくまれにですが、歩いてい救急外来を受診し、CT検査でくも膜下出血と診断された患者さんもおられました。上記症状を認める場合はどうぞ救急車を呼んで頂ければと思います。